明日返しますと言ったはいいが実は返すお金がない!残された道は闇金?

明日返しますと言ったはいいが実は返すお金がない!残された道は闇金?

小さい頃から「借りたものはきちんと返すのよ」と教育を受けたAさん。

日本人とってこの教育は当たり前ですし、道徳的にとても大切だと思います。

しかし、この教育を受けたAさんは、勘違いを起こして判断を間違えてしまいそうな状況でメール相談をしてきました。

悩み相談jpg

相談の内容は以下のとおりです。

私は消費者金融からお金を借りています。

気がつけば3社。

返済はつらく、どうしたら良いかわかりません。

だけど、自分が借りたお金だし、きちんと返さないといけないことはわかっている。

だから、この数ヶ月は借りては返すを繰り返していました。

スマホには何度も業者からの催促が。

それを止めたくて、「明日返すから」と言ってしまいました。

すぐにいつものコンビニへ向かい、借り入れて入金すれば問題ないと。

しかし、どうやってもエラーでATMからお金を引き出せません。

返すと言ってしまった自分の手前、違う業者に申し込んだのですが・・・。

審査がとおりませんでした。

今までは借りられたのに、なぜ?

何にしても明日までに用意しなくてはいけません。

他に借りるあてもないし、残すはヤミ金のようなところから借りるしかないのでしょうか?

この相談ですが、誰がどう見ても、「ヤミ金のようなところから借りるべきではない」と答えられますね。

女の人 相談

そんなこと、誰でも分かるはずなのに、なぜAさんはこんな事を相談してくるのでしょうか。

実は、このような方は少なくありません。

借りて返すを繰り返し、いつしかどこからも借りられなくなり、ヤミ金のようなところに手を出してしまう・・・。

見事に「借りたものは返す」という道徳心が、誤った判断をさせてしまうのです。

しかし、Aさんを含めこのような間違えは、「借りて返す」をしている人なら誰にでも起こってしまう可能性があります。

そもそもの間違えは「借りては返す」です。

借金返済が苦しくなってくると、誰でもこの間違えを起こしがち。

そして、その辺の消費者金融から借りられなくなると、Aさんのように「もう闇金しかないかな」と、なってしまうのです。

残された道は闇金なんかではありませんよ。

返すお金がない!と感じられている方、これから話すことを是非参考にしてください。

道徳心から「返せない」という状況でやってしまいがちなこと

これまで通りの借り入れが突然できなくなったAさん。

一見すると、まるで今行き詰まったようにも思えます。

Aさんにしてみれば、突然、借り入れができなくなってしまったのですから相当焦ったことでしょう。

「返せない」という状況に焦り、別のところから借りるしかない!

そう思ってしまったのです。

大事

この考えがそもそもの間違えです。

誰もが、一番最初に借金をしたときには、「借りるのは一度きり」と思っていたはずです。

まさか、別のところから借り入れたり、借りては返すということをしようなんて考えていなかったと思います。

Aさんもそうです。

しかし、「借りたものは返しなさい」という道徳心が根付いています。

目先の責任を果たすためには仕方ない、と判断を間違えるのです。

とにかく借金や催促から逃れたい、という気持ちもあるでしょう。

結果的に、選んではいけない選択肢を選んでしまう方はたくさんいます。

一時的な安心感はかえって借金を増やしている!

「借りて返す」というのは、確かに一時的には安心するでしょう。

しかし、目先の安心感を得ることで、借金は増えてしまうのです。

借りたお金には利息が付くことは誰でも知っているはず。

それなのに、また借りてしまえば利息は増える一方ですね。

つまり、別のところから借りたり、借りて返すという行為は、借金を増やしているだけです。

そんなことをしていれば、必ず行き詰まります。

「そんな事は解っている」かもしれませんね。

それでも一時的な安心感や道徳心からやってしまいがちなのです。

解決を先送りにしても借金は減りません。

引き続き、不安な日々を過ごすことになるだけです。

返済能力がないことを自覚しよう

借金に悩まれている方

Aさんの相談内容を思い出してください。

「借りては返すを繰り返してきた」

この状況で、「明日返します」なんてことは無理に決まっていますね。

借りたお金を収入から返せない・・・。

重要

これはもうAさんには返済能力がない、ということです。

この時点で違う判断ができていれば、3社からも借り入れずに済んだでしょう。

また、「ヤミ金などから借りるしかないのか?」なんていうことを思わなくて済んだのです。

この状況でお金を貸してくれるようなところには絶対に手を出してはいけまん。

別の選択肢があることを知ってください。

借りては返すでは解決できない!債務整理を選択する

Aさんと同じような状況なら、選ぶべき選択肢は「債務整理」。

債務整理にもいくつか方法があります。

Point

まずは無料相談を利用して、弁護士に相談してみてください。

その方にあった方法をアドバイスしてくれます。

手続きに関しても、ご自分で交渉するより弁護士に依頼した方がいいでしょう。

消費者金融(債権者)も相手を見て対応します。

自分のところからお金を借りている人に対して、快く債務整理に応じてくれるような業者は稀です。

逆に、厳しい態度になるのが普通です。

Aさんにも次のようなアドバイスをしました。


Aさんがやるべきことは、持っている資料を持参して、今すぐに無料相談へ行くことです。

今の状況でヤミ金などから借りてしまったら、今よりももっと困る状況になってしまいます。

普通の生活すら送れなくなりますよ。

ヤミ金なんかから借りなくても、解決できる方法があります。
債務整理という方法です。

手持ちがなくて弁護士費用が今すぐ用意できなくても大丈夫です。

費用の相談も弁護士にしてください。

何かしらの方法で対処してくれます。

借りては返すという思考はもうやめましょう。

頭を切り変えて、とにかくまずは一度専門家のところへ行きましょう!

Aさんは、アドバイスを受け入れてくれて、弁護士のところに相談に行ってくれました。

そして、助言をした3ヶ月後、Aさんから連絡が。


「これまでの苦労が嘘かのように解決へと進んでいます。

借金は任意整理をしてもらい、無理なく返済できています。

あの時の催促や極貧生活のストレスも感じることなく普通に生活もできています。

あの時、本当にヤミ金という選択をしなくてよかったです。」


もしも、Aさんと同じように返すお金がないと困っているなら。

借りては返してを繰り返したり、ヤミ金に手を出すことが解決策ではありませんよ。

その状況で選ぶべき道は債務整理です!

どんな方法よりも一番確実に楽に借金を解決できる方法です。